大森元気の制作日誌

2018年以降の大森元気制作日誌です

アルバム2曲目問題~収録曲決定ほか(2018年8/26~30)

f:id:kitakamadays:20181018125953j:plain
◆久しぶりの弾き語りライブでした
8/19は久しぶりの弾き語りライブもありました。
そういえばセルフレポしていなかったのでセットリスト等、記録のために残しておきたいと思います。

 1.夏祭り 2.続・江ノ島 3.下北沢 4.真夏のあの子  5.旅するように歌うのだ
 en.さよなら8月の太陽 (ギター不調のため倉谷和宏氏に借りたガットギターで)
 ――2018.8.19@渋谷・喫茶SMiLE

サポート以外では5月以来のライブでした。夏にちなんだレア曲もけっこうやりました。

レコーディング終わるまではライブは減らし気味にしていますが、こうも長引くとライブのない日々のほうが当たり前になっていきますね。「ライブ1本1本大事にする」とか「ライブとは本来とても特別なこと」と意識するためには良いことだけど、外から見ると全然活動していないみたいに映ってしまうのは微妙な気もするなぁ...。考えすぎですかね?

頻繁にライブしてなくても存在感を保ち続けてるアーティストって、活動規模や知名度はともかく何人かは思い浮かぶし。勿論たくさんライブできるに越したことはないのだけど、ライブを絞ってもそういう存在になれたらいいな。リリースやライブが時々だったとしても、そのときにガッツリ出て、売れたらその次があるなあと思う。そうすれば「過去の人」でも「無名の人」でもなくなるわけだし。自分もそこを目指したいなあ、、依然模索中です。

そんな中 今年の春~夏は、あがた森魚氏・世田谷ピンポンズ君などのライブ&RECに呼んでもらえて(ピンポンズ君にはCD帯にまで名前書いてもらえた!)とてもラッキーでした。ありがたい....


さて日誌に戻ります。

◆追加曲2曲の準備
8/25(土)・26(日)
・追加で録ることにした「boys & girls」「リフレイン」bpm(=テンポ)決め。

・同曲のガイドトラック作成。すべて仮。
 「boys~」クリック、Ba、EP1、Vo
 「リフレイン」クリック、Ba、EG、仮Org、Vo 
ドラマー2人に送信。送った後「boys~」のEGとEP2も録音。


8/27(月)
「boys & girls」
EG1弾き直し。EG2追加。
一応仮だがあわよくば本チャンに使いたい。


8/28(火)
「涙が出ちゃうよ」
Edit作業。Vo複数テイクを1本に。EGも編集。

「メランコリー」
足立くんから送られてきたラフミックスに、こちらで録音済みの複数パートを合成。


8/29(水)
「涙~」
EG修正。仮オルガンも修正。これから録るミュージシャン達に送る。

「リフレイン」
楽譜を書き参加ミュージシャン達に送る。


◆「アルバム2曲目問題」と収録曲決定
8/30(木)
追加でドラムを録ることになったこともあり、収録曲を再々考。

「春を見たかい?(Everybody has the Blue)」(Everybody has the Walttz時代)や、「れいるうぇい」(花と路地)などを検討。すぐに思い直し却下。

先日も別の2曲を入れる案で悩んだり、というか録り始めてから8か月間、ああでもないこれでもないと悩み続けていた。ここまでじたばたしているのは「アルバム2曲目問題」というのが自分の中にあって。

1曲目は決まって、それに続く2曲目は、1曲目とテンポ感を変え、少しキャッチーで、できればシングルっぽい曲が欲しいと思っていた。

昔から僕はそういう並べ方をするのが好きだ。「日なたにて」「OUR LIFE」「あたらしい日々」「夏夕暮れ」など(すべてアルバム2曲目)、残像時代だけ書き出してみても、こんな感じで毎回その傾向があって、必ず代表曲になっている。

今回、新曲を作ることもチャレンジしていたが、RECスタートしてからずいぶん時間が経過してしまったし、もう間に合わないのでさすがに諦めることにした。それで過去曲や未完曲からあれこれ探す日々が続いていたがどうにもうまくいかずにそろそろタイムリミットかなと。

仕方がないのですでに録った(録る)曲を並べ替えてみる。2・3曲目(「boys & girls」と「メランコリー」)を入れ替えてみたら思いのほかしっくり来た。それで決まった感じがした。

現在日誌は約1か月半遅れで書いているが、執筆時も変更なしなのでよほどのことがなければこれで決定だろう。

 

どんな収録曲/曲順になったかは、伏せておきます。レコーディングが終わって、リリース情報解禁の日のお楽しみということで。