大森元気の制作日誌

スマホ版ではカテゴリが非表示になっています。記事一覧の最下部(欄外)「PC版」をクリックして切替えるとカテゴリ・時期別にご覧になれます。

残像カフェ再集結ライブ1回目/配信ライブを観て思うバンド感(2020.8.9-8.12)

f:id:kitakamadays:20210215171341j:plain

2020.8.9 (日)
再集結 残像カフェ1本目のライブ(秋葉原GOODMANにてイベント出演)。
ルフレポはこちら(↓)に書いたので割愛。
一言で言えば...エモかった!

▶ブログ記事 →【 総括(前編)残像カフェ10年ぶり再集結ライブ


8.10 (月祝)
アーカイブ配信が一時的に見られなくなっていた。DJコーナーの音楽が著作権に引っかかったため。この日の夜に復活。

f:id:kitakamadays:20210215171402j:plain


◆乃木坂4期生の活躍

同日。乃木坂4期生の楽曲「I See...」が地上波2回目(ゴールデン帯では初)の披露。カップリング曲にもかかわらずシングル表題曲の再生数を超えてしまった曲。

乃木坂のファンになって1年半くらい? ハコ推しだったが、この時期にはすっかり4期生推しとなっている。推しとか関係なしにしても、8月時点では選抜経験者3名のみだった4期生11人が、単独でテレビで歌う機会を獲得してしまうというのはやはり快挙だと思う。

これについて&1年の躍進ぶり的なことは先日ブログに語ったのでこのへんでやめときます(笑)(読んでもらえたら嬉しい↓)

zanzowdays.hatenablog.jp



8.11 (火)
アダチ君に連絡。
「boys & girls」→度重なる修正依頼をしてきたがOK出す。(ただし後日再度修正へ)。
「群青色」修正要望→同日更新版MIX届く。


8.12 (水)
◆配信ライブを観て思うバンド感
グッドマンでの春風堂ヨシュアカムバック・「ricca」の配信ライブを観る。最後カオスになってて彼ららしいな、グッドマンってこうだったよなと胸が熱くなる。

3組とも馴染み深いのだが、特に春風堂は一緒のバンド経験のある山本草助君が在籍しているし、残像と同じ3ピースだし、残像初期からよく対バンもしていたから久しぶりに観られてよかった。

(悪い意味でなく)とても懐かしかったし、魅力を再確認できもした。デコボコでやんちゃなところがあるのに、曲や歌詞がよく、3人のグルーヴが何より最高だった。3人のグルーヴというのは演奏ももちろん、3人の関係性含めてのことだ。

手前味噌になるが、今回の残像でも似たようなことを言ってもらうことが多くて、メンバーの息の合い方とか、独特なグルーヴ。何度か書いているけれど演奏だけうまい人ならほかにもたくさんいるが、このメンバーでしか出せないグルーヴや空気があるということ。それをバンドというのだなあ。

同日。ヤフオクで狙っていたアナログディレイの落札を忘れてしまったが、他に必要なものがあるので(ソロに使うコンプと、あまり歪ませない用のオーバードライブ)諦めることにした。