大森元気の制作日誌

2018年以降の大森元気制作日誌です

Noriyuki Sugata ドラム録り(2017年12月4週#3)

f:id:kitakamadays:20180208112440p:plain

◆12.21(木)
ba東吾君に打診。すぐに快諾してくれた。ドラムとせーので同録も魅力的に思えたが、スタジオの日が2日後ということもあり予定合わず。別録りに。

◆12.23(土)ドラム録音
下北沢にてスガタさん(※注)Ds録音。予算の関係上、リハーサルスタジオに機材を持ち込んでの録音。曲は「旅するように歌うのだ」と「メランコリー」の2曲。

f:id:kitakamadays:20180208113507p:plain
夏のライブのときにはスタジオ入りしたものの、今回のレコーディングのためのリハーサルはなし。構成なども変わっているが、にもかかわらずきちんと仕上げてきてくれて素晴らしい出来。テストで演奏してもらいながらあれこれリクエストしたり、別の案を試してみたりということにも柔軟に対応してくれて、充実したレコーディングになった。


リハテイク数十秒ずつですが動画貼っておきます(↓ )見よ華麗なドラミング!

www.instagram.com

www.instagram.com



◆新曲はバージョン違いで?!

ドラム録りまでに間に合ったらいいなと思っていた新曲(のちの「ぼくの愛する暮らし」)は、大まかには出来ているものの直したいところが出てきそうなので今回ドラムをお願いするのはやめにした。

でもアコースティックバージョンの希望は捨てていない。今回の作品がシングルなのかミニアルバムなのかまだ決めかねているが、今回はアコースティックverで入れて、いつかアルバムを作るときにバンドverというのも魅力的なアイデアに思える。


※ Noriyuki Sugata (スガタノリユキ)...
 スガタさんとは昔からよくしてもらってますが、いつ知り合ったのだろうなぁ(失礼)。FULL SWINGとは恐らく対バンしていないし、エレキベース(ワイキキレコードの坂本さんのユニット)かなぁ。小島麻由美さんにも参加歴あるそうだけど僕は観れてないし...。スガタさん昔からいろんなライブに足を運んでいる人だからどこかで挨拶させてもらったのかも知れないですね。
 近年は夢見る港/ex.チキサウンズの長坂さんがやっているnoomやら、kosmicやらAnnやら...あちこちで活躍しているのをよく観ていたし、とにかくライブハウスや打ち上げでよく一緒になってたりして。
 そんなときに荒さんが亡くなって。(スピッツ発掘などをした彼はこの十数年は赤坂グラフィティのブッキングをしていてよくお世話になっていました) その告別式でたまたまスガタさんと会って。「そろそろやろうよ」と言ってくれ、「え、ぜひ!」という感じで一緒にやらせてもらえることになったのでした。荒さんが繋いだ縁でもあるのです。
 本当に優しくて、心の大きな先輩!という感じ。スタジオでもライブでもいつもあの笑顔で場が和みます。卓越した技術、曲がきらきらしてくるようなドラミング。多岐にわたるアイデア。要求にも柔軟に対応してくれて。そしてスタジオの別れ際は毎回握手するのも尊敬する所以のひとつなのです。